最近のトラックバック

ネパールの関税率2009ー2010

(1)日本からデジタルカメラやノートパソコンを送る時、何で送ればいいのか?
関税はいくらかかるのか。
(ご回答)
送る手段につきましては、郵便局または運送会社の方とご相談下さい。
関税ですがデジタルカメラ及びノートパソコンには関税はかからないようです。
(別添ご参照)
またプリンターには関税は課されないようですが、iPodには10%が課される
ようです。(別紙ご参照)

(2)私書箱を作るにはどうすればよいか?
(ご回答)
www.gpo.gov.npより申請書をダウンロードすることが出来ます。
この申請書に記入し、中央郵便局に持って行き、中央郵便局でご相談下さい。

(3)日本から古タイヤや車のバッテリーを送る時は何で送ればいいのか。関税
はいくらなのか?
(ご回答)
送る手段につきましては、郵便局または運送会社の方とご相談下さい。
関税は古タイヤ、バッテリーともにInvoice Priceの25%がかかるようです。
(別添ご参照)

(4)会社設立時に必要な手続きと費用はいくらですか?
(ご回答)
本日差し上げた「FDI Procedure Flow Char」をご覧下さい。

(5)事業税はいくらぐらいですか?
(ご回答)
利益に対して25%が課されます。

(6)日本ではどのような手続きが必要ですか。
(ご回答)
こちらではネパール側の手続きしかわかりませんので、必要があれば日本貿易振
興機構に問い合わせされるのがいいかと思います。

_______________________________________________________________________________________________________
関税率
_______________________________________________________________________________________________________

受信装置、ラジオ、電波発信器、これらは時計とか録音、再掲装置があって、一緒にくっついているとかついていないとかは問題にしない。

ポケットラジオカセットプレーヤー 10%
他の録音、再生装置が付属している装置 10%
他。外部電力を要する電波受信器、車両に使われるようなもの 10%
録音もしくは再生装置が付属しているもの              10%

テレビの受信器、ただしラジオ受信器、音声画像録画再生にモニターやプロジェクターという装置がついていてもでもかまわない

84.71項以前のもの                なし

それ以外                      10%

トランス                       15%

電気磁石、永久磁石               10%

(電気ブレーキ、電気クラッチを含む)     

酸化マンガン                    25%

酸化水銀                      25%

酸化銀                       25%

リチウム                      25%

酸化亜鉛                      25%

一次電池、一次バッテリー           25%

部品                         5%

充電器、隔離板を含む             15%

(四角である必要はない)         

送信機                       なし

テレビカメラ、ビデオカメラ、           なし

ビデオレコーダー、デジカメ       

ナビゲーション関係               15%

ラジオリモートコントロール関係        15%

スマートメディア                  なし

中古の農業用や工業用の機械       15%

普通車の中古のタイヤ             25%

(ワゴン車・スポーツカーを含む)       

バス、タンクローリーの中古タイヤ       25%

航空機の中古のタイヤ             25%

農業用トラクター用の中古タイヤ       15%

動物用の中古タイヤ               15%

自転車の中古タイヤ               10%

   

ネパール外国人直接投資 手続きフローチャート(箇条書き)

段階 |書類/必要書式|関係官公庁|所要時間|関連法律行為/法律/規則

______________________________________________________________________________________________________________

まず最初にやっておくべきこと

____________________________________________________________________________________________

ビザ(査証)取得に必要なこと

A.観光ビザ

必要書類:航空券、パスポート、入国手続き書類、  |入国審査 

規定された型の写真付き申請書、ビザ手数料の領収書 

ビザの手数料:60日間はアメリカ30ドルだが、 

それ以降30日延長ごとに30ドルの上乗せ 

                                              |3分

                                             |(入国審査許可に合致の場合)

                                             |入国審査許可2003年度版

観光ビザ以外

工業省から取得すべき許可

規定された書式にすべて記述された書類 |工業省

                         |3~4日(実務経験)

                    |入国審査許可2003年度版

ビザに必要なもの

○工業省の許可                |入国審査

○6枚のパスポートサイズの写真  |許可に合致している場合

○申請書の身体情報         |完了するのは3時間以内

○最新のビザとパスポートの写真のコピー 

                                           |入国審査許可2003年度版

手数料

入国時(空)港で発行される場合、             

30日間アメリカ25ドル、それ以外は

一ヶ月に付き60ドル

________________________________________________________________________________________________________

                                          Page 1

_________________________________________________________________________________________________________

承認/外国人投資に対する許可

________________________________________________________________________________________

新産業における外国人の正当な投資

○規定の書式にすべて記述された書類 |工業省

計画書2部                 

○合弁の同意書(該当する場合)2部 

地域の当事者とする市民権の証明書 

あるいはその当事者が法人の場合は 

提携の約款と条文を含む会社設立の

                                     |固定資産が1,000,000,000ルピー以下

                                    |の場合は30日以内、それより大きい

                                   |場合は30日を越える

                                    |外国人投資と技術譲渡の法律行為

                                   |2002年度版

証明書 1部

○外国人の当事者のパスポートのコピー

あるいは参加者が法人であれば、

定款の約款と条文を含む会社設立の証明書

1部

○身体情報、外国人当事者の会社の一覧表

1部

○自国の銀行あるいは手形支払い場所の銀行

から提出された外国人投資家の財務内容の信頼性の

証明書 1部

○該当するなら、関係会社から権限のある人の

紹介状、あるいはある個人の利益のために何かしら必要な

仕事を実行する場合は、その個人から紹介状

○予想される預金されていなければならない資産総額に。

応じて最高2万ルピーまで承認手数料がかかり

その後となる

現在あるネパール産業に技術譲渡

○規定された書式にすべて記述済みの書類

○技術譲渡同意書 2部

○地域の当事者である市民権の証明書あるいは

地域の当事者が法人である場合は提携の約款と条文を

含む会社設立の証明書 1部

---------------------------------------------------------------------

                                        Page 2

---------------------------------------------------------------------

 (注:ページ2からの続き)

○受け入れ会社の役員会の記録のコピー 1部

○以下に該当する場合ではあるが、

関連会社の権限のある人からの紹介状または

ある個人に利益をあげるように少しでも必要とされる仕事を

する場合、その人からの紹介状

株譲渡による投資

A.現在いる株主から外国人投資家へ株を譲渡する

○規程された書式にすべて記述された書類

○株を譲渡する人からの依頼

○株を譲り受ける人からの依頼

○株の譲渡の同意 2部

○その会社に外国人投資家を含むということが見なされる

ネパールの会社の役員会の記録のコピー 1部

○役員会の記録のコピー、参加者が法人であれば

会社設立の証明書と外国の当事者の会社の一覧表

○もし参加者が個人であれば、

外国の当事者のパスポートのコピーと身体情報 1部

○銀行から提出される外国人投資家の

財務内容の信頼性の証明書 1部

○株主名簿係の会社によって保証された現在の

株主のリスト 1部

○会計監査の報告書 1部

○通関手続きの証明書 1部

○会社の利益に関係する会社の権限を有する人の

紹介状

--------------------------------------------------------------------

                                      page 3

--------------------------------------------------------------------

                                 (注:ページ3から続く)

B.株主からあるいは会社の資本の増加で生じる株の譲渡

以下の2点を除いてAに該当するすべての書類が必要

○株を譲り渡す人からの必要な証書

○株を譲り受ける人からの必要な証書

現在あるネパール産業に貸付投資

○規定の書式にすべて記述された書類

○貸付の同意書 2部

○貸付取扱店の提携の

○約款と条文を含む会社設立の証明書 1部

○貸付取扱店の会社一覧表 1部

○産業登録証明書 1部

○貸付を取得すると見なされる受け入れる側の

会社役員記録のコピー 1部

○以下に該当するならば

関連会社からの権限のある人の紹介状、

あるいはある個人の利益に必要な

仕事を実行するとき、その個人からの紹介状

_____________________________________________________________________________________________________

登記

_______________________________

会社の設立

○申し入れを受けた会社の提携の定款  |会社登記事務所

○申し入れを受けた会社の提携の条文  |7日以内

○公共の有限会社の場合、もし何かあれば

会社の設立の前に、発起人の間で結論づけられた

同意書のコピー                 |会社の法律行為2006年度版

○個人企業のばあい、あれば意見一致の同意書

_______________________________________________________________________________________________________

                 Page 4

_______________________________________________________________________________________________________

                             (注:ページ4から続く)

○工業省から発行された外国人投資に |会社設立事務所

対する許可のコピー

○ネパールの発起人の市民権の証明書のコピー

そして会社設立の証明書のコピー、

役員会と重要な会社設立の書類のコピー

ただし発起人が法人だった場合である。

○外国の発起人のパスポートのコピー

○もし外国の当事者が会社もしくは取り扱い店で

あった場合、会社設立の証明書と

主要な会社設立の書類そして会社あるいは取り扱い店

の主要な会社設立の書類

産業の登記

○規定の書式にすべて記述された書類 

○工業省の外国投資課に               |最初の環境測定の報告書

発行された外国投資承認の          |に関する工業省

紹介状のコピー             |環境に対する影響の評価に

○会社設立の証明書のコピー、   |関して人口・環境省

提携の約款のコピー、会社の提携の条文|授与される許可は

○環境に対する影響の評価報告書もしくは|35日以内で適用

最初の環境測定報告書       |環境に対する影響の評価や

                      |最初の環境測定報告書が

                      |関係なければ2日以内

                      |最初の環境測定報告書に

                      |36日以内

                      |環境に対する影響の評価に

                      |6ヶ月間

                      |工業化企業の法律行為

                      |2002年度版 

                      |環境保護法律行為

                      |1997年度版

                      |環境保護規則1997年度版

_________________________________________________________________________________________________________

                                         page 5

__________________________________________________________________________________________________________

                                   (注:ページ5から続く)

PANへの登録

○規定の書式にすべてを記述した書類  |国税局

○会社設立の証明書のコピー        |7日以内

○会社設立の定款と条文のコピー |所得税法律行為

○申し込みを記述した人の      |2002年度版

市民権の証明書のコピー 

(さもなくば外国の国籍の場合はパスポートのコピー)

○申し込みをした人のパスポートサイズの写真2枚

○該当するなら、弁護士の仕事場所の手書き

VATへの登録

PANの登録の書類           |国税局

                      |(PAN登録とともに)

                      |7日以内

                      |VAT法律行為2002年度版

                      |(2005年に修正)

財産権の保護

(商標登録、特許、デザインの登録)

○産業登録証明書と         |工業省

会社設立の証明書のコピー     |特許なしの場合3ヶ月以内    

○言葉、ラベルあるいは商標登録 |デザインと商標は5日は

(つまり描写用用紙)         |かからない  

として使われる両方の4部のコピー |特許、デザイン、商標             

○商標として使用される製品・   |法律行為1965年度版 

サービスの名前

                         ________________________________________________________________________________________________

                                               Page 6

________________________________________________________________________________________________________

                 (ページ6から続く)

_______________________________________________________________________________________________________

投資

_________________________________

現金による公正な投資

○投資は適切な銀行の手段を通して   |投資銀行

もたらされるべきである    |1週間以内(許可に伴ってかかる)

                  |外国投資及び技術譲渡の法律行為

                   |2002年度版

現物による公正な投資

出荷の前に工業省からの承認  |工業省

○役員会の決定のコピー

○製造元の装置の製造者から

個々の装置の量と価格を示した機械の

詳細な送り状

現金の貸付投資

工業省の同意書の承認

○割賦払いの明細書とり率を含む期間と条件を |工業省

指定しているネパールの会社と外国の当事者と

投資を行うことで合意書は登録される

____________________________________________________________________________________________________________

                                                     (Page 7)

_____________________________________________________________________________________________________________

                                         (ページ7から続く)

現金での貸付投資

譲渡の前に工業省から取得すべき承認を受けるために

○一定期間に遅延された債権に機械と装置の書式には、

施設の機械の価格、利率、施設と機械の詳細なリストに伴った

支払いの方法が同意書にはしていされていなければならない。

○中古品を投資の一部とする場合、中古の査定価格と

独立した鑑定士によって保証された証明書が添付されて

いなければならない。

_______________________________________________________________________________________________________

本国送還

_______________________________________________________________________________________________________

株の売却による利益の本国送還

工業省は中央銀行に推薦を送る           |工業省

以下の書類が必要とされる申込書    |1週間以内

○投資が行われたという証明と|外国投資と技術譲渡の法律行為

所有している株数、(ネパールへ投資が |2002年度版

されたという商業銀行からの証明が

投資の証明になるであろう。)

○株主名簿係の事務所か所管官庁に

保証された滞りなく関連株の譲渡が完遂

されたということを示している会社の紹介杖

○もし外国籍に株が譲渡された場合、

工業省の承認の前に

○通関手続きの証明

○もし投資が施設、機械、装置の形で造られたなら

得意先の宣誓書と承認の紹介状

○役員会の決定のコピー

________________________________________________________________________________________________

                                              Page 8

________________________________________________________________________________________________

                                           (ページ8から続く)

配当金の本国送還

工業省は中央銀行に推薦を送る

以下の必要な書類に伴った申込書

○商業銀行に発行された投資の公文書の証明

○設備投資が外国投資によって投資が行われたのなら

機械や装置を輸入するという得意先の誓約書

○会計監査員の貸借対照表と損益計算書

○通関手続きの証明書

○配当金の証明

債権と利益の本国送還

工業省は中央銀行に推薦状を送る。

以下の必要とされる書類に伴う申込書

○貸付金の総額がネパールに譲渡されたと見なす

商業銀行からの証明書

○得意先の誓約書と

もし貸付金が機械の形で取得されたのなら

施設の送り状

○貸付の同意書の承認の証明

○通関手続きの証明

________________________________________________________________________________________________________________

                                                   Page 9

_______________________________________________________________________________________________________________

                                     (ページ9から続く)

技術譲渡の報酬の本国送還

工業省は中央銀行に推薦状を送る。

以下の必要とされる書類と伴う申し込み

○申し込みは会計監査員によって保証された

外国の技術の提供者による総額を計算して

提出させられる。

月給の本国送還と海外移住者の給与

工業省の推薦状が必要とされるのは

特殊な書類に伴う申し込みによって

取得されている時である。

○労働省によって発行された仕事

○本国送還が模索されている期間に受け取った

月給や給与を示す書類

_______________________________________________________________________________________________________

破産

_______________________________________________________________________________________________________

○特別決定と自由意志の破産上で   |会社登録事務所

役員にかかれたもののコピー    |この決定が採択される7日

                      |以内で提出されるべき

                     |会社法 2005年度版

                              以上

_________________________________________________________________________________________________________

                                                 page 10

__________________________________________________________________________________________________________

ネパールの1年定期預金は年12% (Part1)

ネパールの1年定期預金は年12% (Part1)

2010年4月20日にネパールでの調査を終え日本へ帰国して参りました。
(2010年4月19日現在の利率です。)

ネパールのクラスAの銀行は年7.5%+他の利益(現在1.5%)=9%です。
日本からネパールへの送金OK
ネパールから日本への送金OK

クラスBの銀行の1年定期預金は12%です。
3、6ヶ月などの短期ものの定期預金は10%です。
その他の普通預金は6%です。
日本からネパールへの送金NG
ネパールから日本への送金OK

Pdr_00006_2

ただし、口座を開くためにはネパールの銀行で以下のものを提出しなければなりません。
(1)就労ビザ
(2)年収を証明するもの
(3)日本大使館からの紹介状
(4)会社設立登記に関する書類

詳細につきましては順次アップロードしていきます。
質問のある方はどんどんコメントを追加していってください。

2021年7月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ